日本の漫画は、芸術の一つで世界中の多くの人が惚れ込むほど素晴らしい作品です。そこに日本人のギャンブルへの情熱が加わり、ギャンブラーたちの冒険を描いた名作漫画がいくつか誕生しました。この記事では絶対に見逃せないギャンブル漫画をランキング形式でご紹介します。

1.賭ケグルイ

全83章からなる漫画『賭ケグルイ』は2014年に出版されたギャンブルの名作で、現在も続いています。原作は河本ほむら(M)、イラストは尚村透(M)が担当しています。

この漫画は、私立百花王学園で行われるギャンブルを題材にしており、この学園では生徒たちは勉強や試験で成績をつけるのではなく、ギャンブルで成績をつけます。ギャンブルの腕が良ければ良いほど、成績が上がるというわけです。そんな中、蛇喰夢子という少女がやってきて、驚くべきギャンブルの腕を披露し始めます。

2.ライアーゲーム

ライアーゲームで成功したいのなら、機知に富み、賢く、狡猾でなければなりません。

勝てば大金が手に入り、負ければ、莫大な借金を背負うことになるゲームです。主人公は詐欺師として成功することができるのか、それともライアーゲームの破滅的な結末に陥るのか?最後まで緊張した戦いが続きます。

3.今際の国のアリス

2010年に麻生羽呂(M)によって書かれたこの漫画は今際の国のアリスとしてNetflixで放映され、海外でも人気を博しています。主人公たちは自分の人生に退屈しており、それを変える方法を探しており、様々のゲームに参加します。

プレイヤーは全員、仮想世界に転送され、そこから抜け出す唯一のチャンスは「ゲーム」で勝つことです。

4.哲也-雀聖と呼ばれた男

全41巻、339章からなる名作アニメで、鉄也が主人公です。麻雀に秀でた天才ギャンブラーである鉄也の人生と、彼に訪れる苦難を描いています。この傑作を手がけたのはさいふうめい(M)で、星野泰視(M)はイラストで登場人物に生命を吹き込んだ漫画作家です。この漫画は、ギャンブルを日本の文化として見事に表現しています。